スムーズな仕訳が望める記帳代行サービスは経営の手助けになる

パソコンと女性社員

記帳代行サービスを利用して人件費を低減しよう

お金

日々の記帳作業は、正確な決算申告の基礎となる帳簿作成の上で、非常に重要な作業です。
また、記帳作業は単調な作業ですが、時間を多く必要とする作業でもあります。
最近では、記帳代行サービスを導入している企業も増えてきています。
記帳代行サービスを利用することでどんなメリットがあるか見てみましょう。

①業務効率改善
まず、記帳代行を利用することにより、これまで記帳作業に割いていた時間を自分の業務に割くことができるようになります。
それにより業務の効率をアップさせることができ、売り上げや業績のアップが見込めます。
②人件費をカットできる
記帳代行を専門のプロに任せることにより、膨大な作業時間により発生していた人件費をカットすることができます。
取引の記入漏れや、誤入力などがなくなるため、申告ミスによる税金の追加徴収もなくすことができます。
記帳をしっかりと行っていれば、経営状況を数値化しやすいため、経営方針を決定する上での判断材料とすることもできます。
③コンサルティングなどのサービスが受けられる
代行業者によっては、記帳だけでなくコンサルティング業務を行ってくれることもあります。
現在の経営状況に合わせて、事業計画や財務戦略の提案、経営体質の改善についてのアドバイスをしてくれるサービスもあるのです。

記帳代行サービスは、利用することで様々なメリットがあります、上手く活用して経営の効率化を達成しましょう。

記帳代行で本業の売り上げアップを目指せます!

会社の経営をなさっている方の中には、「記帳って面倒くさい」という悩みをお持ちの方は多いのではないしょうか。
領収書を整理して、入力して、金額をチェックして、といった作業よりも、「もっと売り上げアップのために時間を使いたい」と考えている経営者の方は、「記帳代行サービス」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
「記帳代行サービス」のメリットは様々ありますが、早くて正確な処理、経理事務担当を雇うより安価といったものが挙げられます。
今回は記帳代行の利用で、本業の売り上げアップが目指せるという最大のメリットをご紹介したいと思います。
「記帳代行サービス」を利用することで、上記の領収書を入力するといった一連の作業を行う必要がなくなります。
小規模な会社であれば、経営者や幹部社員が記帳作業をしているケースも多いでしょうが、「記帳代行サービス」の導入によって、今まで記帳作業に費やしていた時間を大幅に節約することができます。

節約できた時間を、本業の営業活動にあてることができれば、新規顧客開拓の時間を増やして、顧客数アップや、これまでは時間が足りず、断っていた案件が受注可能といったことが実現できるため、結果として会社全体の売り上げアップを目指すことができるのです。

記帳作業に費やす時間をもっと有効活用したいと考える経営者の方は、ぜひ「記帳代行サービス」導入をご検討ください。

経理が退職したら記帳代行の導入を検討しよう

会社で経理担当者が欠員したら、その機会に記帳代行の導入をおすすめします。例えば従業員10名の企業の経理担当の社員に一か月に払う給料は、フルタイムならどんなに安くても15万円は超えるでしょう。その人がやっていた仕事を記帳代行に丸投げすれば、半額以下で済ますことができてコスト削減になります。領収書や請求書の仕分けから、入力作業まで安心して任せることができます。どんなに優れた経理担当がやっていたとしても、単純作業である以上は誰にでも頼むことができるのです。経理の仕事を記帳代行を導入して、アウトソーシングすることで経費節減が実現します。その一人分の浮いたお金を他の会社経営に活かすこともできるのです。記帳代行の導入のコストの削減率は企業が大きさに比例します。なぜなら、経理担当者に支払われる給料が高くなるからです。また、新たに人を雇う場合面接をして、合否を決定して連絡してなど人事の労力が必要になりますが、その部分も削減できることもメリットの一つでしょう。記帳代行の導入を考える時、書類の搬入搬出が面倒で抵抗があるという方もいるかもしれませんが、そのやりとりの時間などのストレスを惜しむよりは、社員がその事務作業にかかる時間を惜しむ方が正しいことは間違いありません。

Recent Entry

TOP